ハワイ島紀行-ダイナミックな島

IMG_0860窓を開けるとどこからともなく金木犀のいい香りが風にのって漂ってきます。

もう10月ですね。一日一日がとても速く過ぎていくと感じるのは私だけでしょうか。

Retreat for going back to a natural being and be a natural being

さて、今年の春頃から沸々と沸き上がってきたハワイ島へ行きたい!という想いを無視できず、9月末から今月始めにかけてハワイ島へ行ってまいりました。

無性に行きたい!と思った今年の春には、なんだかんだで都合がつかず断念したのですが、このタイミングで訪れたハワイ島で感じたこと、体験したこと、そして人との出会いといい、まさしくハイヤーセルフ、ガイド達の成せる業、ミラクルな滞在となりました。

今までは、マウイ島の穏やかな自然とエネルギーが好きで何度も訪れていますが、今回は、断然ハワイ島だった・・のです。

私にとって2回目の滞在になりますが、どのガイドブックにも書いてあるとおり、ハワイ島はとてもダイナミックなエネルギーに満ちています。
世界に分布する気候のほとんどがこの岐阜県ほどの大きさであるハワイ島に分布しています。
それだけでも、この島がスペシャルでプレシャスな場所。

コナの地平線へ沈む真っ赤な夕日、刻々と変わる空の色と光、マウナケアの悠々たる姿、ヒロの優しい雨、海に生息するカラフルな洋服をまとった魚達、リズミカルに泳ぐドルフィン達の群れ、庭に咲く鮮やかなピンク色のブーゲンビリア・・・
どの瞬間を切り取ってもきらきらと光輝いています。

その日、乗り継ぎで降り立ったホノルルはあいにく湿った雨が降っていました。ホノルルからハワイ島のコナへのフライト時間は40分ほど。

今回の度の為に新調したニコンのネオ一眼レフを携えてさあ、出発〜!

Pocket