タイムライン という先入観 – Kryon

いつもありがとうございます。

まだまだ寒い日が続いていますが、今日から3月。3は、触媒というエネルギーを持つ数字。それは、別のエネルギーへと変容するための圧力を与えます。木々の芽も美しい花へとその姿を変えるこの季節、日々、変容していく自分自信を大いに楽しみましょう。

クライオンのワークショップから

タイムライン (時間軸)という先入観

皆さんのサイエンスは、ビッグバンセオリーを非常に誇りに思っています。タイムライン に沿って、全てを解明したとしていますが、私たちからみたら滑稽でなりません! 量子の事象にどうやって時間軸を当てはめることができるのでしょう?
量子状態には、時間は存在しません。なのに、すべて解明したと言っています。彼らは(科学者)、自分たちが正しいと証明する測定可能な残渣(ざんさ)があることも解明しました。なんと賢いことか!

質問しますが、もし、キッチンでパンを焼く美味しそうな匂い残っていたら、何を意味するのでしょう? それは、40億年前に焼かれたパン、もしくは、今、焼かれているパンを物語っているのでしょうか?
時空間の次元における直線的思考の先入観を持っている皆さんは、パンの匂いで、どれほど前に焼かれたのか予想します。しかし、宇宙エネルギービッグバンという量子の事象が未だに起こっているということは全く理解していません。それは、宇宙拡大のエネルギー、皆さんが測定不可能なエネルギーをも明らかにし始めます。彼らが測定する”残渣”は、いまだに進行中の3次元に見る実際に起こっていることの証明となりますが、量子状態内における創造の現実なのです。

現状のセオリー(論説)における3次元の不一致を見てみましょう。
現状の全ての力学に反しナノ瞬間において、宇宙の現在の質量を創造するため、光速よりさらに速いスピードで、一瞬にして拡大してどうやって無から全てが生み出されたのか?
そこには、いまだに直線的な単一思考の先入観があり、それが、瞬間という タイムライン のなかで、その全てが起こるとしています。・・・・彼らは、全部、解明したと言います。

ブラックホール=あなた

私たちが皆さんいこれまでに決して語ってこなかったことをお話ししましょう。
皆さんの銀河の中心(ブラックホール)が放出している物質、それは、あなたなのです。皆さんのサイエンスは逆になっています。銀河の中心にあるツインエネルギーが、何百万、何十億もある他の全ての銀河の中心にあるツインエネルギーに通じ、時間が外れた宇宙で皆さんが測定不可能な方法で繋がっているのです。それは、意識を持つ友人どうしを繋ぐ紐のようです。皆さんが頭のなかに見る知性や意識の類ではなく、それは、慈悲深く、インテリジェントな接着剤が、愛のなかの宇宙という形態をとっているのです。皆さんが、この全てを理解することはできないだろうということは以前に話しました。高次のマインド、考え方というのは、多くの人々にとっては、単にその準備ができていないだけなのです。

訳:せおりかおる

偉大なる科学的先入観から抜粋
Gaithersburg on November 7, 2009
クライオン

関連記事
ブラックホールと意識

Pocket