意識 のパターン

いつもありがとうございます。

いつのまにか街や野をピンク色に彩った桜の花はすっかり青葉に代わり、いよいよこれから新緑が眩しい季節の到来ですね。九州地方の地震の揺れもようやく収まったきたようで、連日のように流れていた地震速報も目にすることがなくなりホッとしています。現地では一部、断水などまだまだ厳しい状況が続いているようですが、1日も早く被災された皆さまが安心して生活を送ることができますよう心からお祈り申し上げます。

さて、クラインオンのワークショップから抜粋しました。目に見えないものすべてには、パターンがあり、重力や 意識 が目に見える時代がやって来ると語ります。

振動が低い 意識 の特性

では始めに、最も低い意識について話しましょう。
低いといっても非常にパワフルです。低い意識は、高い意識と同様にとてつもないパワーを持っています。しかし、どちらかといえば、単なる振動数を測定するもので、パワー効率を測定するものではありません。この技術は、時空間にそれほど当てはまりませんから、周波数とは混同しないでください。パターンのなかに見えるのもは、思考の振動です。思考の行き先、行き止まるところ、どの程度、制限されているのか、または、拡大的か、パワーかフォースか・・・非常に奥深いものです。皆さん、すでにご存知だと思います。憎しみのパワーは、悪と怖れを作り出し、非常に強力です。もし、国民が不注意なら、怖れのパワーは、国を奴隷にすることも可能です。歴史を見れば、どれほど強力なものであるか分かると思います。
やがては、個人のパターンを見て測定する機器が開発されるでしょう。では、特定のパターンについてお話しします。

サークルに閉じ込められた意識

低い意識は、究極に基本的で単純なパターンを作り出します。これらのパターンは、強大なサークルを形成し、放射します。高い意識に対してバリアを作り、エネルギーの合流点に集合すると、個々の周辺に意識エネルギーをつくり、サークルが現われます。そのサークルは、パターン化された拘置所のようなもので、繰り返すことのない基本的なフラクタル模様になっています。自身のなかに自身を保ち、そのサークルの外側には、一切、気づくことはありません。非常にパワフルなので、他の者は、その影響を受けることもあり、簡単に結合し、より強大なサークルを形成します。そして、そこに閉じ込められた意識の周辺には、より大きな一つのサークルが形成されます。

皆さんにとって不可解に聞こえるかもしれませんが、つまり、単純だということです。サークルという器は、それ以外のものを見ることができません。そのものしか見えず、その悪のみを知っています。それを基準にして判断し決心する、それが低い意識です。その指針とは、自身そのものです。その他のものは何も知り得ません。また、そのサークルは、同じ思考の人たちを奴隷にすることが可能です。それは、大きく成長することもできますが、決してその外に出ることはできません。それ以外のものを理解することは不可能なのです。サークルのなかにサークルを形成するため、その外側にはパターンがありません。非常に限定的です。単純で振動が低く、基本的な生命を維持(ベーシックサバイバル)という特性が低い意識なのです。

San Antonio, Texas,JANUARY 23, 2016
kryon channling
訳:せおりかおる

Pocket