プレアデス星団と人類の歴史

いつもありがとうございます。

ご存知の方も多いと思うのですが、アメリカにリーキャロルという男性のチャネラーがいます。彼は、クライオンというエネルギー存在のメッセージを26年間、伝え続けています。バシャールをチャネルするダリルアンカと年齢も含めてほぼ同じキャリアですね。

リーキャロル/クライオンは、彼らを中心とする7名で構成されるクラインオンチームを結成しています。そのなかの一人、トッド博士は、DNAの研究者。彼は、若いころから肺の免疫システムを研究していくうちにホリスティック医療に目覚め、その後、参加した瞑想クラスで通常(この次元)の基準値を超えた体験をすることによって、さらにDNAレベルでの根本的解決すべく技術的な試みを積み上げていっているようです。

日本では、いちチャネラーに対して、このような形でドクターが公に関わるようなことは皆無でしょうが、アメリカは、形而上の学問が発達しているだけあって懐が深いです。そして、クライオンは、DNAに関する情報を多く発信しています。

では、本題・・・
クライオンが語る人類の歴史を簡単にまとめてみました。

200,000年前

この頃、神聖なるデザイン、計画、すべてのエンジェルたちの同意によって、セブンシスターズと呼ばれる星団からプレアデス星人が初めて地球にやってきます。そして、神の植種(divine seeding)が起こります。当時の地球には、自然な進化の過程にあった意識的ではない26種の人間がいましたが、プレアデス星人がやってきた頃には、自然淘汰によって17種に減少。彼らは、その人間たちに新たな2層の聖なるDNAを移植し、最終的には、1種族のみがこのギフトを受け取るに至りました。こうして、プレアデス星人の構成要素である23の染色体をもつ人間が創り出されたのです。(従来の他の哺乳類は24の染色体)

また、彼らは、必要なガイアの意識グリッドと、クリスタルライングリッドを創り出しました。ガイアの意識グリッドは、そのエネルギーにもたらされた人間の意識の合流点となります。それ以前のガイアは、すべての生命を育む母として、そのエネルギーと地球の塵を創り出していました。つまり、聖なるデザインによって、ガイアは、意識グリッドによって拡大したのです。

このプロセスには、110,000年もの歳月がかかりました。

90,000年前

プレアデス星団からもたらされた23の染色体をもつ人間が、言語、コミュ二ケーション、移動など、すべてが真っさらの状態、社会モデルとなるものが全くないなか、霊的に進んだ文明へと発展を遂げるまでに50,000年もの歳月がかかりました。

50,000年前

彼らは、活火山のエネルギーに惹かれ、太平洋に浮かぶハワイ諸島と呼ばれる一帯に、初期のレムリア文明を築き始めます。当時は、現在より133メーター海抜が低く、太平洋の海底は、乾いた大地だったのです。
そして、ガイアは、氷河期の終わりにさしかかっていました。

若返りの神殿を建設するのに20,000年かかります。オールドソウルなるものが現れ始めます。

35,000〜15,000年前

レムリア文明の最盛期。
どの地球上の文明よりも精神的に円熟した文明は、20,000年間も続きます。

この間、計3億5千万のレムリア人の魂が、文明をとおしてやってきましたが、個々にユニークな魂は、単に人間の魂ということだけではなく、3億5千の天使たちの魂でした。天使たちは、例外として、数千の魂は、科学者として輪廻転生しましたが、他は、代わる代わる一度だけの人生という体験をしました。

天地創造の洞窟

天使たちは、こうしてアカシックレコードを構築していきました。
地球上の魂をすべてクリスタルが詰まった天地創造の洞窟として想像してください。
レムリア文明は、天地創造の洞窟を築き、惑星にスピリチャリティ(精神性)という種子を蒔く目的のために3億5千の魂のエネルギーをその洞窟にインプラントしました。1天使が、レムリア人になり地球にやってくる度に、自分たちのエネルギーエッセンスを地球に注ぎます。天使たちの名前が入ったクリスタルが、天地創造の洞窟に投入されました。

15,000年前

地球上の氷河が5,000年をかけて、ゆっくり溶け始めます。
彼らは、地球のサイクルに気づいていました。そして、船を建設します。レムリア人の多くが、その地を去る頃には、すでに、洪水が起こり、彼らが築いた文明は、海水に飲み込まれていました。船に乗って一部は、ニュージランド、イースター諸島、アラスカ、そして、多くは、シャスタ山へと逃れました。シャスタ山に逃れたレムリア人は、自らを山の内多次元の存在の状態に変えるまで、長らくそこで過ごしました。

彼らの痕跡は、当時の海流が川の流れのように非常に強かったために、すっかり洗い流されみごとになくなってしまいました。

ソース

さて、いかがでしょうか?
プレアデスは、別名セブンシスターズと呼ばれる星団です。双眼鏡でみると青く美しい美人姉妹をみることができます。今月は、中秋の名月やスーパームーンと、何かと夜空を見上げる機会が多い月。
ぜひ、彼女たちを秋の夜空に見つけてみてください。きっと、優しく微笑んでくれるはずです♪

では、本日も素敵な1日をお過ごし下さいね♪
Have a beautiful evening!

Pocket