巨匠オスカーニーマイヤー

ブラジルの建築家オスカーニーマイヤー

残念ながら、2012年12月5日、105歳の誕生日まで後10日、というところで亡くなられたましたが、建築界での世界の巨匠です。

ブラジルの都市計画プロジェクトに関わり、ブラジリアに彼が設計した建築物は、明らかにどこか違う惑星にある建造物のイメージをそのまま地球に出現させたような、まるで異次元を彷彿させる宇宙都市のよう。世界遺産に登録されています。

そういえば、「アミ小さな宇宙人」の作者、エンリケ・パスケオもブラジル人でしたね。

2012073003552949e-2

800px-Brazilian_National_Congress Brazil_Brasilia_01-2800px-QG-EB-2

ニーマイヤーは、生前、女性についてインタビュアーにこう語っています。

女性の話はイイね。女性は大事だ。いつだったかジャーナリストが来て、「人生とはなんなのでしょうか?」と私に訊いてきた。私は答えたよ、「人生とは“自分の傍らにいる女性”だ」とね。それは真実だ。

オスカーのスケッチ

オスカーのスケッチ

 

 

彼は、前妻が亡くなられた後、98歳の時、当時の秘書であった60歳の女性と結婚しています。
生きるってすごい!

 

Pocket