DNA のクオンタムフィールド

いつもありがとうございます。

先日もまたノーベル医学・生理学賞の大村氏に引き続き、日本人の梶田氏がノーベル物理学賞を受賞しメディアを賑わしていますが、日本人として単純に嬉しく誇らしく思います。本当におめでとうございます!

得に物理学の分野において、私たちの目によって捉えられない極小の分子、光、素粒子の動きや働きがもっと解明されれば、人間の意識という見えないものの理解が一般社会全体により浸透し、遥か太古に存在した素晴らしく調和した社会への大きな足がかりになるのではないでしょうか。

量子物理学(クオンタムフィジックス)では、物質の状態を「粒子であり波である」としています。そして、人間によって観測するときその姿を現わす、観測する姿(意図)がその状態を定めるとしていますが、それを実験によって明確に証明したという論文が今年6月にネイチャーに掲載されたそうです。単一原子とホイーラーの遅延選択思考実験
また、一つの大きな進歩です。そして、創造の仕組みをよく理解している皆さんは、この理論をよくご存知のはず!

DNAのランダムかつ無秩序な領域

DNA とは、遺伝情報が書かれた媒体です。遺伝子はデータです。
そのDNAという媒体に書かれた遺伝子情報は、全体のたった3.5%であることがわかっています。残りの90%は、ランダムで無秩序だったため、無視され、科学者たちはそこに関心を持ちませんでした。
この無視された90%こそクオンタム(量子)領域であり、あらゆる情報が収められているとクラインオンは言います。初めてこの惑星に来たときから体験してきた一つ一つの人生の情報、過去生からのカルマ的なエネルギー、全アカシックレコード、ブループリント、叡智がすべてそこにあります。開花させた芸術的な才能は、すべてDNAの量子状態のなかに指示書としてセットされているのです。

情報の細胞分裂

身体のなかで細胞は常に分裂する状態にあります。
実際には、分裂する前にオリジナルの情報がコピーする作業が行われ、その後に細胞は分裂します。
幹細胞は、DNAの量子状態の部分から情報を得て分裂します。細胞分裂を繰り返して今、ここに老化を受け入れ存在しているわけですね。

あなたのマスターはだれ?

もちろん、あなたです!
あなたが意識をもって細胞に指示を与えることによって、DNAのクオンタム因子が反応し変わり始めます。この画期的な変化のなか、以前より時間は、かからないでしょう。細胞は、あなたの声を聞いています。一言も聞き逃すことなく。毎日、私たちの無意識の海に漂っている思考の声を聞き逃しません。
意識的に優しく細胞に語りかけてださい。きっと、思いがけない恩恵があるはずです♪

では、素敵な週末をお過ごしくださいね。
Have a beautiful mind!

Pocket