ペットとオーナーのためのセッション

いつもありがとうございます。

さて、アバンダンシアの新しいサービスとして、オーナーとペットのためのアニマルコミュニケートセッションのご案内です!セラピストは、お馴染みシャスタ在住のレイです。

実は、このサイトを立ち上げる時に、私のなかで、アニマルコミュニケーションというサービスも念頭にあり、リサーチもしましたが、ご案内するまでには至りませんでした。

ところが、6月末のシャスタリトリートでレイと会った時に、彼女の口からこの話が飛び出し、本日、こうして皆様にご案内できる運びとなりました。今まで、アニマルセッションについて、私から彼女に言及したことは、一度もありませんし、それどころか、すっかり忘れていました。笑 やっぱり、思考は現実になりますね♪

アニマルコニュニケートセッションの特徴

このセッションでは、ただ、ペットたちからのメッセージを伝えるでけではありません。
1時間という枠組みのなかで、通常のセッションと同じようにエネルギーワークをし、ペットたちから伝えられるメッセージに関連して、飼い主さまサイドが必要としているクリアリングをし、(ネガティブな)観念をリリースしていきます。そして、ペットと飼い主さまのエネルギーを調和へと導いていきます!

お申込みはこちらから(メールセッションのみの対応となります。)
アニマルコミュニケートセッション希望とお書きください。
ご質問は、3つまでお受けいたします。

日本のペット事情

日本のペットととして飼われている犬と猫の数は、約2,000万頭だそうです。
犬の方がやや数は多いものの、その割合は、間も無く逆転すると言われています。また、犬と猫の総数は、日本における15歳未満の子供の数、1,633万人を超えているのが現状です。なんと、子供の数よりペットの方が多いのです!

このような状況のなか、今やオーナーとペットの関係性も、ただ単に飼う飼われるという単純なものではなく、家族の一員、また、友人、パートナーとして、思いやりをもって愛情深く接している飼い主さまが多くおられることと思います。
そして、オーナーの方々にとって、彼らが何を考えているのか知りたいと願ったり、一瞬でもコミュニケーションがとれたらいいのにと願うのは、当然のことです。

先日も、志村けんさんが司会を務める志村動物園というテレビ番組で、アニマルコミュニケーターであるアメリカ人女性が、犬の意識を読んでオーナーに伝えている場面が映し出されていました。それを伝えられた女性は、涙し、スタジオでVTRを観ている出演者も涙・・・そんな様子をみて、動物たちのオーナーに対する想いには、無償の愛が溢れているんだな〜と、つくづく思いました。

それでは、皆さまと、皆さまの大切なペットのお役に立てることを心から楽しみにしております!

Have a beautiful day!

Pocket