イノベーションとスピリチャリィ

1週間前の冬の寒さが嘘のようでに、ここ数日、気温が上がり春らしい陽気になってきました。外にでて思いっきり空気を吸って春を感じたい!って思うのですが、花粉やら隣国からの黄砂、ケミカルな物質の飛来が気になったりします。冬から引き続きマスクは必需品ですね。皆様、外出する際は、お忘れなく。

さて、イノベーションと云えば、近年ではAppleの創設者であるスティーブジョブズが最強のイノベーターとして名が上がります。イノベーションの定義は、人により言葉が違うのでさまざまですが、経営学者のドラッカーによれば、イノベーション とは、

「儲かっていない活動を、儲かる活動につくりかえること」

「時代遅れになったり、生産性が低いために儲 からなくなった活動を、儲 かる活動 につくり変えることが 根本原理」

と、説明しています。

一言で片付けるのは乱暴かもしれませんが、ようは、something new、何か新しいもの、ということでしょうか。

innovation

ジョブズが、瞑想を生活に取り入れていたのはあまりにも有名なお話です。ジョブズは、抽象的な思考や論理的な分析よりも、直感的な理解や意識のほうが重要だと気づいたそうです。瞑想をとおして聞こえないものが聞こえるように、見えないものが見えるようになったといいます。

インスピレーション、直感はハイヤーマインドからの言葉。それを錯覚としてスルーするか実行に移すかの別れ道は、自分自身の信頼度なのかもしれませんね。

イノベーションとスピリチャルは、密接な関係があるようです。

 

 

 

Pocket