アークトゥリアン

宇宙には無数の星や惑星が存在します。私たちが何気なく観察しているこの宇宙も全て私たちの内から投影されたもの・・気の遠くなるような話ですが、私はそう思ってます。そして、その宇宙を構成しているそのものであるということ。すべての存在が不可欠でエッセンシャル(重要・必須)なのです。

また、宇宙には私たちが”本来の自分”を思い出すようにアシストしてくれる存在たちがいます。所謂、ギャラクティックファミリー、銀河の家族です。エシャカニ星のバシャールもそうですね。

今日は、セッションにもたまに登場するアークトゥリアンについて簡単に紹介します。

アークトゥリアン

春の夜空に輝く第三角の一つ、牛飼座のアークトゥルスがアークトゥリアンのホームです。
彼らは、私たちの銀河系において、最古の種族。また、私たちにとっては肉体を持たない存在として、その意識は第4密度から第11密度にわたります。(物質的から宇宙意識、エンジェリック領域まで)そして、意識のアセンションと拡大のために銀河の多くの種族の教師役、ガイド役として存在しています。

アークトゥリアンは、前進したいと願う全ての存在に彼らのライトストランド(光の束)コーディングを申し出ています。そして、DNAストランドは高密度の意識を増大し、大いにその進行をアシストします。

彼らの意識は、ここ地球においては、レムリアの時代から存在し、私たちはワンネス、創造性、無条件の愛といった偏在する彼らの集合意識へと同調することができます。
私たちとのコミュニケーションの方法として、おもに意識や夢、チャネリングをとおしておこなわれます。
彼らのヒーリングはDNAを活性化し、もつれた観念を解き、思考パターンを変えて、純粋な状態へと戻していきます。

アークトゥリアンは、一つという統一意識に深く繋がっています。
彼らの主要な目的は、私たちの銀河全体で、双対性を一つに統合することです。
観察者として高密度のレベルにおける彼らの特性は、ニュートラル。

また、彼らは、意識から、完全に”判断”という考えを排除しています。
ワンネスでは、全ての存在は同等なのです。
ネガティブ、ポジティブといった極端な感情にも関わりません。
そして、援助を求める人、繋がりを求める人すべてにオープンです。

アークトゥリアンの周波数へ同調する方法は、彼らの曼荼羅について瞑想することです。その曼荼羅とは、多くはクロップサークルにみられます。

——

いかがでしょうか。ピッときた方、ぜひ、アークトゥリアンとの繋がりを深めていってください☆

Pocket