観念のお話

皆様、こんにちは。
明日から、仕事始めという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一週間程、家を明けて戻ってきたら、植物達がしおれてクタクタになっているのにびっくり!急いで、お水をたっぷりあげたら、今日には、3鉢とも元気になっていたのでホッと一安心。
夏場ではないので一週間くらいは大丈夫と思ってました。名前こそつけていませんが、彼らも生きて、私を癒してくれている大切な存在。本当にごめんなさい。

さて、アバンダンシアのセラピスト、レイのセッションを受けると、まず、私たちが過去や過去世で、ネガティブな体験から作り出してしまった観念を意識上に浮かび上がらせます。自分は、こんな観念をもっていたんだ、と気づくことが、大切なのです。なぜなら、人は、観念どおりに現実を体験するからです。

私たち達が、普段の生活の中で、沸き上がるネガティブもポジティブも含めて、さまざまな感情のもとは、観念から生じています。

例えば、あなたに、友人が、全くあなたに関係のない事を云ったとします。
あなたは、それを聞いて、嫌な気持ちにもいい気持ちにもなりません。なぜなら、それに対する観念をあなたは、携えていないからです。

観念は、あなたが感じる感情によって探ることができます。
嫌な気持ちになったとき、一歩ステップバックして、その感情の元になっている観念を探ってみて下さい。

Pocket