無意識はいらない

sunflowerいつからかわたし達は意識を顕在意識と無意識(潜在意識)に分けてしまいました。

顕在意識、意識的に気づいている部分はわずかに5%から10%と云われています。顕在意識は氷山の一角(Iceberg)に例えられ、無意識が残りの大部分を占める。

殆どが無意識と云っても過言ではないですね。その無意識の部分にはまだ開花していない潜在的なパワーが存在しています。

さて、日常わたし達が意識している行動、言動など、自分が気がついている部分に対してはそれほど問題ありません。例えば、もしその行動や言動によって他人が傷ついたとしても、それは意識的に傷つけたことを知っています。

それが無意識になるととても厄介です。自分は全く気がついていないので改善しようがない。運良く親切な友人がいたら指摘してくれるかもしれませんが、そうでなければ友人が一人二人と周りからいなくなって始めて気がつくかもしれないし、残念なことにずっと気が付かないかもしれない。そういった意味では無意識は潜在的なパワーを持ちながらかなり厄介でもあります。

このような観念は無意識の中にあります。そして、観念は創造のエネルギーです。思考、行動は観念に従い、パターンとなり無意識にあるネガティブな観念はそのまま体験となります。もちろん、上手くいっている領域ではそういった観念が働いています。私のように自分は健康だと信じていれば全く健康です。

無意識にある観念体系から気づいていないネガティブな観念を探しだすのはかなり難しい。そのツールとしてアバンダンシアのセッションを利用してみてはいかがでしょうか? あなたをホールネスへと統合していきます。全てはタイミング、あなたの選択です♪

 

Pocket