日常からはじめるわくわく

わくわく、情熱に沿って生きる

このフレーズはもうお馴染みのものですね。
よく、自分のわくわくすることはなんだろう?
夢ってなんだろう?って考えたものです。

自分の仕事にわくわくを感じられず、実際に辞めたり、もっと自分に合った仕事を探したり、自分の特性を生かし人生を創造したいと思っている人も沢山いるのではないでしょうか。

ただし、明確な目標が定まっている人ばかりではありません。自分が何を目指し、何を達成していくかまだ分からない人や、何となくぼんやり描いている人はどうしたらいいのでしょう。

日常の中から

わくわくは、とてつもなく大きなものである必要はありません。
今、与えられている瞬間に、もっとも自分が心躍ることを行動に移せばいいのです。
例えば、好きな音楽を聞く、楽器を鳴らす、会いたい人に連絡をする、本を読む等々、自分が行動に移せるもっともわくわくする選択肢の中から一つチョイスして、それを実行する。

この次元は、行動に移して始めてその波動になります。それの繰り返し・・・
するとハイヤーマインドが次のわくわくへと誘ってくれるというわけです。
わくわくの向こうにわくわくがわんさか控えてるのす。

やっぱり観念

それと同時に取り組むべきことは、やっぱり観念です。
例えば、何か新しいことを始めたいと思ったとします。最初は、わくわくしながらあれやこれや考えたりするのですが、暫くするとマインドがおしゃべりを始めます。大体は否定的な、ネガティブなものかもしれません。
でも、だが、しかし、どうせのオンパレードになることも。そして、大抵は、怖れからです。

観念に気づき、変えない限りループをぐるぐる廻ります。
だから、観念と取り組むことは、本当に重要なのです。

そうなると知っていればリラックス出来るのです。
これ、すごく大切です。

感謝

Pocket