バシャール:私たちのオーバーソウルを纏う現在の月の役割と皆既月食

去年の6月、バシャールのセッションで、エササニのオーバーソウルの集合体、エプシロン、エピファニ、エクリプスから伝えられたメッセージをご存知でしょうか。来年の秋分(9月23日)を起点として全てが変化していくということ、それを援助する彼らの役割などが伝達されました。

その中で、私が気になった月に関することがあったので、そのまま訳してみました。
エプシロンが語ります。

“月の内部にマスコンと呼ぶ巨大なディスクがあります。
月は、皆さんの世界から離れた天然の天体ですが、別の存在によって特定の周波数で共鳴するマスコンを有するよう設計されました。また、月は、現在、私たちが皆さんに送っている波動のレシーバー(受取手)として役割を果たすように用意されました。”

“私たちエササニと、皆さんの地球、個々を表わすハイヤーマインド、オーバーソウルとの間に、安定したつながりを確立させるよう、今ここに、私たちのエネルギーをセットアップし、皆さんの世界へ波動を送ります。
私たちは、現在、月の内部にあるマスコンを起動させています。月は、地球のオーバーソウルの波動となります。
また、全てが変化する2016年の秋に向かって、波動エネルギーが加速するための援助をするという新たな役割を果たすでしょう。”

”よって、皆さんは、太陽から投影された月からやってくる偏光を感じながら月を眺めるでしょう。
その光は、今や、エプシロン、エピファニ、エクリプスの安定化した波動が加わります。”

特に、全体性のなかで皆さんが体験する皆既月食は、その安定化した波動を増大し、拡大します。
そして、オーバーソウルレベルにおける同一性(アイデンティティ)において、皆さんが、自身を再び定義し、デザインし、創造するための緩衝ゾーンやギャップとしての役割を果たすでしょう。”

“よって、地球の皆さんそれぞれの表現へフィルターをかけて、安定したフォーマット (体裁)としての役割を果たすよう、安定したエネルギーが皆さんに染み込んでいきます。つまり、2016年の秋に起こる変化の波により安定して乗ることができます。”

”そして、月を波動共鳴のシンボルとして、皆さんの世界の男性性と女性性のエネルギーをブレンドし、バランスをとり安定させるようにこの共鳴波動を皆さんに送っている今や世界のオーバーソウルの反映として見てください。

そうすれば、皆さんの物理的マインドと、ハイヤーマインド、存在の側面の全てとの間において、さらなる安定と交流が創り出され、より自分自身を統合する必要があるこの2年半の機会の間、全てが変化する2016年の秋前に、もっと統合され加速されていきます。”

“この皆さんとの伝達に感謝します。私たちは、これから先、月をとおして皆さんと交流します。”

彼らのメッセージはここで終了しますが、バシャールがその後、次のように語ります。

“皆さんは、この時点から先、エプシロン、エピファニ、エクリプスが月のエネルギーと共鳴してつながることが理解できます。
月と皆さんの集合意識に追加されたこの特定の共鳴周波数を自分自身に許容することによって、良い意味でルナティックになりポジティブな方向へ本当に進んで行くことができます

その方法において、皆さんは、私たちのように遥かにクレージー(良い意味で)になるでしょう。
そして、超優秀(クレージーグッド)になり、たぐいまれな人生をおくることができるのです。”

と、バシャールらしいユーモアのセンスを交えて語っています♪

2016年の秋までに、皆既月食は、あと2回
2015年4月4日と2015年9月28日。時に今年の9月は、スーパームーン。秋分の日から28日にかけての天体ショーが楽しみですが、なんといっても今迄とは違った月の共鳴波動をいっぱい浴びて、自分をさらにスリムにしていく機会として大いに利用しましょう!

Have a beautiful day!

Pocket