バシャール:天使と悪魔2

続きです・・・
最近1年半ほど、南アフリカに旅した女性が周りからブードゥ教とは何か、どのように機能しているのか、バシャールに尋ねます。そして、そこから話は発展していきます。一番大切なことが集約されています♪

魔法をとく、かける

B: “他ともの同じように、観念体系がベースとなっています。
例えば、あなたが、それを受け入れることを選択し、それらの観念体系と同調していくと、特定の療法の観念やパミッションスリップ(許可証)と一致する自身のエネルギーから効果を創りだすのです。”

W: “では、もしプラクティショナーが、それを誰かに施述して、作用しているということは・・”

B: “彼らは、自身にたいして影響を及ぼしています。誰かによって影響が及ぶと信じているのです。”

w: “でも、もし・・・・”

B: “あるレベルで、観念体系は知っています。皆さんの多くの観念体系は、無意識と称するものです。
誰かによって引き起こされるていように思われる突然の作用と体験は、あなたは、そんなはずはないと思っていますが、それは、あなた自身が気付いていない観念を発見するために、その人があなたに対して、ただ単に明らかしたという事実に触れる機会を与えるのです。それによって、あなたは、その観念と取り組み、持ち続けるか否かを決めることができます。”

“あなたは、その人に、「あなたの観念によって、そんなはずはないと、ネガティブに影響される考えに同調している私の無意識の観念体系のひとつを見せてくれくれて、ありがとう!、ブードゥ教の祭司さま!
今、あなたは、それを指摘してくれました。もし、それに同調しないのであれば、私は、手放すことができます。あなたは、私の人生に、大きな魔法をかけました!」と感謝します。必ずしもあなたが思ったやり方ではありません。”

他人の荷物は重い

W: “自分自身を守るためには・・”

B: “何ですか?”

W: “守るために・・”

B: “え?
あなたの定義に注意してください。もし、あなたが自己防衛は、攻撃を免れると?”

W: “ええ・・”

B: “自己防衛は必要ありません。なぜなら、あなたはそのままで大丈夫ですから。そうですよね?”

W: “もちろんです。”

B: “何を体験しようとも、あなたは、あなたのままで大丈夫です。
たとえ、あなたが、想像できる限りの最もネガティブな体験でさえも、本当に大丈夫。なぜなら、それが、あなたの体験なのです。そこには、理由があります。そして、あなたが、それをポジティブに見ることを学ぶと、そこから何かポジティブなことを得るでしょう。そして、次からは、そのように体験する必然性から自由になります。”

“ネガティブをポジティブに利用してください。
そうすると、繰り返し、それを体験する必要はなくなります。
それは、二度とネガティブを観察することはない、と言うことではありません。
なぜなら、意識を拡大すると、ネガティブの存在にさらに気づくようになります。でも、あなたは、影響を受けません。影響を受けなければならないという考えを受け入れていないからです。あなたによる同意のみが、見せかけの体験を作り出すことができるのです。”

“あなたが、本当に望む自分と同調していない観念を意識的に特定すると、すぐに、それは、自動的に無意味で不合理なものとなります。あなたが、棄却したからです。”

“それは、両親、友人、社会、学校、誰か別の人からやってきたものです。
あなたのものではありませんが、その通りに受け入れてしまいました。
意識的にそれを調べると直ちに、理にかなわない、どうして私の荷物でないものを持ち歩いているの?とあなたは、言うでしょう。荷物を降ろすと、随分、心が軽く感じるでしょう。”

“自分の持ち物は、気を重くさせません。もし、重圧を感じるなら、他人の荷物を持ち歩いてるという明らかな証拠です。他人の荷物を盗まないでください。(笑)”

Have a great day!

無意識の観念をあぶり出すセッション
初夏のシャスタリトリート(残り数席です)

Pocket