感情の行方とその役割

梅雨の真っただ中です。
今朝から、雨が突然降ったり、青空が広がったり、かみなりが鳴ったりとまるで私たちの感情を表現しているようです。(実際、そうなのですよ。)

沖縄で梅雨が明ける頃、本州では梅雨が本格化するとか。沖縄に張り出す高気圧が梅雨前線を押し上げて、それが行き着く先は本州付近なんですって。天気予報によると沖縄の梅雨明けは、今週の週末頃との予報。
まだ、暫く続きそうです。

茶話会・ミニセミナー

先日、ご案内した茶話会・ミニセミナーに早速、お申込みを頂いております。
このご案内がキラッ光ったように見えた方、ぜひご参加お待ちしております!

感情の役割

朝、目を開けたとたんにもやっと嫌な感情に包まれてしまうことは誰でも小さいころから何度も経験しているように思います。あ〜、学校へいきたくない〜とか、会社へ行きたくない〜とか・・・恋が終わってしまったときの風が心を吹き抜けるような孤独感や、日々の気がかりなこと、目を覚ましたとたんに湧いてくるその感情たるや様々です。
それは、苦しくさえもあります。丁度、お腹や胸のあたりから上がってくる感じでしょうか。

大人になって暫くすると、ますます複雑な状況に陥ることも数々あります。
また、特に大したことがなくても、目が覚めたとき何とも嫌な気分になることも。
なんだろうと思いながら、当然のように無視して一日のスタートをきる毎日の連続。
お酒は、身体も心も麻痺させて一瞬忘れさせてくれるには都合がいい。
一時的な処方箋にはなるけど、根本的解決にはならない。
因みに、お酒が全く飲めない私は、若いころ、そんな状況に陥ったときには時間が解決すると思っていました。

そのままになっているたくさんのもやもやの理由。調べられることもなく、潜んでいます。

感情は、私たちにプログラミングされている機能の一つ。
ネガティブな感情もそのまま感じれば何も問題ありません。
問題になるのは、それを無視したときや閉じ込めてしまったとき。

その感情の流れにのっていくと、その背後にある”理由”につきあたります。それに気づくこと。
そこまでが仕事です。

動画キャプション

バシャール/感情の行方と目的

人生を豊かにするマジカルアプローチ
アバンダンシア/訳:瀬織かおる

ー短い個人的な質問です
 朝、活動的で楽しくわくわくした気分で目覚めたいのですが
じゃ、そうしてください
 ーときにはそうですが、ときにはそうではありません
 ー気分よく目覚めるために何か提案はありますか?
イエス、イエス、イエス、ノー・・・
 ーそれを実現させることを選択するのですね
ええ
それを許容するのです
実現させるのではなく許容するのです
パラドックスのパワーを使うのです
説明しましょう
朝、あまり良くない気分で目覚めるとき
もし、あなたがそう感じても大丈夫と許すと
なぜ、そのように感じるのか、より速くわかるでしょう
そして、それをポジティブに素早く利用することによって
また、なぜその状態で目覚めるのか、その理由を知る必要があることをそこから学び
その状態で目覚めても大丈夫と許すことによって
そして、それをその目的のために利用することにより、
あなたは別の状態へより素早く変容することを許容するでしょう
抵抗すればするほど、あなたが創り出した理由のためにそれを利用するまで
さらにその状態に留まることになるでしょう
つまり、抵抗せずに、ギフトとして受け取るということですね
全ての心の痛みは自然なあなた自身の状態にたいする産物です
通常、あなたの人生で起きていることにたいする抵抗というのは
あたかもそこになかったはずのように思われます
もし、実際そこにあるのなら、それはあるのです
そのための理由があります
その理由を発見してください
利用すればすぐに、それは癒えます
使ってしまえば、留まることはありません
おわかりです?
 ーはい、ありがとうございます

Pocket