創造の背後にある目的を見る

私たちの体内には、微生物、真菌類やウィルスが多く存在しています。最近は、心臓病や癌がそれらに起因しているともいわれていますが、イマジネーションによって体内から排除することって可能なの?っていうお題をバシャールが語ります。

”すべて皆さんの意識の延長です。そうでないものは何もありません。
もし、皆さんが、それらを排除しようと試みるのではなく、役に立つように創り出したということを認めれば、それ以上、体内にいる必要性はなくなります。もし、皆さんが、別のやり方において喜んで目的にかなうのであれば・・です。どちらにせよ皆さんの目的にかなうでしょう。皆さん次第です。”

”皆さんが既に現わしたものは、役にに立ち、何かを皆さんに示しているということを認めることによってその目的が分かります。自身が人生において創り出したものを受け入れて認めてください。
次に、自身のイマジネーションによって、目的は、人生のすべてのためであると理解することができるでしょう。”

”自身の物理的現実との関係において、千里眼(クレイボヤンス)になることを自身に許容するでしょう。また、皆さんが創り出したすべてのシンボルの透明性が理解できるでしょう。”

“これは、第四密度という概念の一つになります。
-シンボルがそこに現われている理由を物理的現実という幻想をとおして見る-
そして、ネガティブよりは、同じ目的にかなった別のやり方を望んで選択します。
但し、皆さんが既に目的にかなうように創り出したものを最初に認めることが、そのシンボルを次のステップへ変容させます。”

頑固はいけません。自ら変容するためには、まず、そのシンボル(現実)を認めます。そして、次に受け入れます。これで、エネルギーは流れはじめて変容の準備完了です♪

Have a beautiful day!!

Pocket