バシャール:3月はスペシャル-2

バシャールが3月という概念について語った部分を先日、一部分紹介しました。
本日は、その続きです。とても重要なコンセプトががっつり詰まっています。

自分の観念を調べる恩恵とは

”もし、明さんがにとって上手くいかないものを自ら手放すと、このタイミングにおいて、(3月15日を起点とした3月12日〜3月18日)皆さんは、社会の集合エネルギーを実際に利用することができます。
このドアを通り抜けて波に乗ることができます。その一方で、皆さんを抑止しているもの、重荷を手放しなながら、新たな現実の新たな個人として真に機能し始めることができる自分自身を発見するでしょう。
より加速し、気持ちが軽くなり、人生において、さらに物ごとの瞬時の現れを見ることでしょう。また、物ごとを将来や過去よりもより現在に、より今に、より現下に引き留める自分自身を発見するでしょう。”

“役に立たないものを手放すことは、皆さんをよりしっかりと現在に留まる助けとなります。
そして、いまここに、全てのエネルギーを集約して統合することになります。つまり、皆さんは、さらなる気づき、意識的になって機能することができるのです。”

高次レベルとのコミュニケーション能力の鍵

”これは、皆さんが、どう呼ぼうと構いませんが、意識の高次レベル、別の次元、別の領域、神、ガイド、エンジェルへのコミュニケーションという全体の概念への鍵となります。
内なる自身と全ての意識レベルとよりクリアなコミュニケーションを持つ能力への鍵は、皆さんがしばしば”祈り”と呼んでいます。これは、宗教的な意味合いにフォーカスしなければならないということではありません。
私たちが、論じていることを立証し象徴するために利用しています。なぜなら、皆さんが、”祈り”を利用しているからです。”

”皆さんが祈るとき、神やガイドとコニュにケーションをとるとき、祈りは現在においてなさるべきであることが、重要、かつ重大で鍵となることを思い出してください。
その意味とは - 皆さんが望む全て、欲する全ては、真の自分、ナチュラルセルフ(自然な自分)真の喜びを実際に現しています。
皆さんがおっしゃっている、いつか、人生で得る事にことになる全ては、既に与えられているのです。
いま現在は、皆さんにとって、目に見えないかもしれませんが、既に全てを与えられています!”

訳:瀬織かおる

この続きは、また明日お伝えしますね。
冷たい一日ですが、暖かくしてお過ごしください♪

感謝

Pocket