バシャール:現実は意識・在り方の反映

存在・意識の在り方

皆さんが物理的現実と呼ぶものは、繰り返しお伝えしているように
存在の在り方、皆さんの意識の在り方(状態)の反映です
皆さんの外側には何もありません

皆さんは、物理的現実のなかに納まっているのはなく
物理的現実が、皆さんの内にあるのです
それは、皆さんの意識とともにあります
ある観点から捉えた自分自身を体験するというコンセプトです

私たちは、皆さんが、物理的体験をするために特定の次元を選択していることを理解してます
それは、あたかも皆さんが、空間と時間という領域にいるようですが、厳密にはどうゆうことでしょうか
時間とは、空間とはなんでしょうか

繰り返しますが、それらが幻想である間、皆さんは、物理的存在として、人生の体験において、それらの影響、体験を創り出しているのです

本来の性質であるスピリット、非物質というエネルギー、高い周波数の皆さんは
その周波数を下げて、物理的次元の構造におけるマトリックス、体験へと結晶化します

これは、皆さんの意識のなかでおこっています
実際に、物理的次元のどこかに納まっているわけではありません
すべては、皆さんのなかにあるのです

内なる現実・観念体系を変える

それにもかかわらず、皆さんが体験すると選択した方法は、あたかも外側に現れていることを私たちは理解しています
そこで、自身の望む物理的現実を選択、体験するように、自身に一層の機会を与えるために皆さんに忘れないで頂きたいことがあります。
それは、皆さんの真の波動に一致し、物理的現実を反映として見始めることです

鏡のようなものです
皆さんが、鏡に映る自分をみるとき、鏡の向こうに自分がいるわけではないことはご存知ですね
また、鏡に映るものをを変えたいと思っても、向こう行って変えないでしょう
映し出されたものを変えるためには、自分自身を変えなければなりません

つまり、物理的現実とは、反映であり、鏡と同じような働きをしているのです
外に反映された現実を変えたいと望むなら、皆さんの内にある現実から始めなくてはなりません

それは、皆さん自身、皆さんの意識、波動、在り方なのです

youtube動画より
キャプション/訳:瀬織かおる

Pocket