バシャール:月物語3〜カルマのバランス

アヌンナキによる闇に光をもたらす綿密な大計画・・・以下に続きます。

波動的に結びつく地球と火星と月

“火星は、地球の半分の大きさで、月は、火星の半分の大きさです。
また、黄金比における地球と月の関係は、正確にギザのピラミッドに表れています。”

“そして、この関係が、順に地球、火星、月に創り出され、それぞれの天体がピラミッド構造を示し、神聖幾何学を包含しています

それぞれが波動的、共時性に結びつき、混じりあい、増大し、加速してカルマにバランスをもたらします。そして、月は、アセンションの原動力として、極性によってカオスの状態へと陥った地球を調節するためにそこにあるのです。”

“このように設計された月の規則性とサイクルは、地球における意識のサイクルと結びつき、計画に沿って恋に陥り、周期ごとに増大し、螺旋状に上昇していくのです。つまり、全ては、黄金比と神聖幾何学に沿って、共時性と調和の状態になっていきます。”

フルムーンパワー

“このような理由で、皆さんは、満月には、狂気と称する(lunacy)意識の錯乱に出くわすでしょう。この方法において、新たなしきい値を超え、アセンション、波動の上昇を許容するために、満月は、皆さんの意識とパーソナリティの構成要素を再構築する能力を再び調整するものとなります。よって、皆さんは、周期ごとに新たな人になることができるのです。”

“全てが調整され、上手くいくと見なされました。実際、上手くいったのです。
やがて、意識の拡大、リバランス、カルマ的な概念として、現在、自分のことを人間と呼ぶ人々の集合意識にバランスをもたらすだろうと判断されました。

しかし、皆さんは、今も今までも永遠にスピリットであり、人間という様式において自分自身を体験していることを思い出してください。”

“そして、全ては正しかったと見なされ、明るみになるだろうと見なされたのです。
今や闇には光、インスピレーション、周期的なバランス、直感力があるのです。”

今日の月は、月齢7の半月ですが、あいにく雨空です。満月はもう少し先・・
明日に続きます。

関連記事

月物語〜最終回〜地球・月・火星の周期が一致した
バシャール:月物語2 〜アヌンナキ
バシャール:月物語1〜アトランティス

Pocket