バシャール:創造において重要な部分を占める”許容”

物理的マインドの最高はハイヤーマインドの最低限

皆さん、どうかこれを覚えておいてください。
私たちは、物ごとは明らかにできない、起こらないと言っているのではありませんが、覚えておくべき大変重要なことがあります。
この交流の冒頭において、フィジカルマインドとハイヤーマインドの役割についてお話ししました。
皆さんが、ビジョン、夢、人生の願望を持っているのを知っています。
そして、皆さんは、その現実を表わす完璧なイメージを創り出し、それに向かって進みます。
それは、皆さんの情熱であって、皆さんをわくわくさせます。
それで結構ですが、次のことを明確に理解してください。

物理的マインドが想像することができる最高のバージョンは、ハイヤーマインドにとっては最低限のバージョンなのです!

ハイヤーマインドを妨げない

これが自分が得る最高のバージョンだと言って、ハイヤーマインドを妨げないでください。
ハイヤーマインドに皆さんが信じる以上のものを与えてください。
もし、皆さんが、フィジカルマインドに描いたものを起こりうる最高のものだと主張すれば、実際にはハイヤーマインドがもたらすことができるより素晴らしいものを制限してことになるのです。

”これが自分の得るものだ、と言うことにより、結果として、条件をつけ、制限をし、また、期待をしてハイヤーマインドが皆さんの想像を超えたものを与えてくれることを妨げてしまいます。

だから、フィジカルマインドで最高のものを想像してください。
ただし、それは、最低限、起こりうることです。
この理解のもと、世間へ出て、何が起こるか見始めてください。
皆さんが想像する最高のものは、最低限、起こりうるのです。最低限です・・

皆さんが持っている真のパワーを許容のなか感じ、もし可能であれば、そのパワーを自分に受け入れてください。
おわかりですか?

創造において大きな部分を占める”許容”

ーええ、とても・・・・、物ごとを許容する点において、何かありますか?
それは、大変、重要な部分なのです

皆さんは、物ごとを起こす必要はなく、それは、すでにうまくいっているということを思い出して下さい。
物理的マインドにとって、物ごとがどのように起こるのか理解することは重要ではないのです

なぜなら、フィジカルマインドが事を起こす必要がある、どのように起こるか思案しなければならないと考えるとき、それは、許容しているのではなく、強要しています。
既にうまくいっていることを信頼する代わりに、強要しなければならないと思っています。
もし、上手くいっているなら、単にそうなるようにすればいいのです。

ハイヤーマインドに任せる

皆さんは、願望の波動を放ち、自身を適切な波動の状態に置くためにそのビジョン、イメージをテンプレートとして利用することができますが、その次は、ただ、ハイヤーマインドに仕事を任せましょう。
必要なのはそれだけです。

物理的マインドとしての皆さんは、
”了解!このインスピレーション、イマジネーションを得ました!このわくわくは、ハイヤーマインドからのコミュニケーション。自分がするべき事は、同様のわくわく、情熱のエネルギーを含む状況、事柄に目を配り、出来る限りベストを尽くしてその方向へと行動するのみ!”と、言うことができます。

次がやって来れば、同じくそうします。次も、次も同じです。
そのバイブレーションにガイドされていると知っています。
それが、真の自分を表わす生きる道です。その道に沿って、ドライブを楽しんでください。
そして、どんなことがあろうと、それは、起こる必要があることなのです。有効です。

許容の波動とジティブな意味付けをする自身の波動

たとえ、それが、どうやって自身に役立つのか理解できなくても、それに対して、皆さんが望むポジティブな意味付けを与えてください。
意味を与え、どのように役に立つか自身に示すよう、それを許容しましょう。
自身がその波動でないものは体験することはできないということを覚えていますか?

つまり、自身が許容の波動、ポジティブな意味付けの波動でなければ、どうやってポジティブな許容の方法で、自身に反映させることができるのでしょうか?
おわかりですか?

ーええ、もし、自身がその波動でなければ、その波動をどうやって許容すればよいのでしょうか?

観念を探る

何かに対して自身が望まないような反応をする観念、定義を見つけることです。

もし、自身が、何かネガティブな意味を与えるためにネガティブに反応するなら、必要なことは、一歩下がって、”このように反応するために、自分は、本当だと信じていることは何だろう? 何を本当だと信じたいのだろう?”と、単純な質問をしてください。そして、それに応えてください。

多くの場合、皆さんが特定した観念は、消えてなくなります。
消え去ってしまいます・・他のプロセスは要求されません。
多くの場合は、ただ、明かりをつければ、影は消滅しますが、皆さんは、探求する自分自身を許容しなければなりません。ネガティブに反応するこの件と自身の関係について、本当だと信じていることは何だろう?と、簡単な質問をしてください。そして、観念を見つけ出し、どこから来たのか、もはや役に立つのか調べましょう。

もし、役に立たなければ、それを持ち続ける理由はありません。
なぜなら、それら観念は、誰かの荷物を皆さんが背負っている場合が多いのです。降ろしましょう。皆さんの物ではないので、それほど重いのです。

手放して、心を軽くしましょう
繰り返しますが、もし、目覚めたいのであれば、ただ、自身の心を軽くしてください。
自分のものでない荷物を引きずるように、厳しいと感じたり、不当に感じるのは止めましょう
それらは、親、社会、友人から来たのかも知れません。

youtube動画より
訳:瀬織かおる

Pocket