セドナ 一人旅のはじまり

いつもありがとうございます。

ご無沙汰しております。久しぶりのブログアップになります。
2016年も駆け足で走り過ぎ去ろうとしています。一年ってこんなに早かったっけ?って感じで、毎日がまるで早送りでで再生されているよう。来月9月は、いよいよアメリカの大統領選挙。それを境目にガラッと地球のエネルギーが変わる、サイクルの終りと始まり。バシャールからこの情報が、始めて発信されたのは、もう2年ほど前近くでしょうか。いよいよ来月!というところまでやってきました!それまでに、自身の内側を荷物を降ろしてよりスリムになりましょう、というメッセージでしたが、皆さん、進行具合はいかがでしょうか?

さて、私も、皆さんと同じように、今まで気づいていなかった荷物を何年かかけて降ろしてきました。電子書籍を出版し、流れにまかせて行動してきました。そんななか、私用で西海岸の方へ出かけたのですが、思いがけず、用事がパタパタと文字通り音を立てて片付いて、時間がぽっかり空きました。

セドナに行こう!

IMG_1580そうだ、やっぱり、セドナ へ行こっと!

やっぱりというのは、もし、時間があれば行こうかな・・・と、漠然と心にあったから。まさか、行ってすぐに用が片づくとは、本当に思ってもいなかったのです。何と言っても、その用が済んで、ランチに入ったチャイニーズレストランで、食後にでてくるフォーチュンクッキーのメッセージが、私の背中をどんと押した。お皿の上に5つあったうちの一つを選んで、その中から出てきたメッセージには、

Prepare for an exciting trip soon come your way.
間も無くやって来るエキサイティングな旅行の準備をしなさい。

と、書かれているではありませんか!これには、さすがにゾクっと鳥肌が・・・そんなこんなで、やっぱり行こっと!決意を固めたのです。前もって計画したわけではなかったので、航空券やホテル、レンタカーは、出発の数日前に手配。始めていく場所だし、一人だし、少々の不安はあったものの、iPhoneに入れてあるオフマップアプリ(GPSで現在の居場所を地図で示してくれるアプリ)を頼りに、ロスからフェニックスへと飛び立ったのでした。
エキサイティングな冒険の始まりです。笑

セドナは、言わずと知れた西半球最大のボルティックス。ロスから1時間半のフライトでフェニックスに到着。レンタカーをピックアップして、iPhoneを左膝に乗せて、フェニックスの市街を抜けて17号線を北にひたすら2時間ほど、走ります。しばらくすると、視界に入ってくるのは、広大な大地だけ。私は、なんでここにいるんだろう・・・と、不思議な感覚を味わいながら、一人、ひたすら北へと走り続けました。

IMG_1745あらかじめ、オフマップには、4大ボルティックスの位置をマークしておきました。私の左膝のオフマップは、そろそろ、ベルロック辺りに差し掛かっています。すると、真正面に、本当にベルのような形をしたベルロックが目に飛び込んできました。始めて見る大自然の造形物に私のわくわくもマックス!また、左手には、まさに神殿のようなカサデラルロックが空に向かってそびえ立っているではありませんか。見知らぬ土地を2時間、運転した疲れも吹っ飛んでしまうくらい、ある意味、衝撃的な風景です。

一人、車中で、わ〜!とかきゃ〜!とか言いながら、Y字と言われるポイントをターンして南に進み、サンダーマウンテンのすぐ側にある宿泊先へと向かったのでした。ルームにチェックインしたのは、午後4時すぎ。この時期のセドナの日没は、7時半ごろ。まだまだ、日が強く照りつけるなか、エアコンの効いたベッドに一人横たわり、疲れのなかにも何とも言えない高揚感を覚えたのでした。

夜、外へ出てみると、空にはミルキィーウェイの帯がはっきりと見えます。ここは、西半球最大のボルティクス、セドナ。灼熱の日中とはうって変わり、夜の冷んやりした空気に包まれながら、明日からのアドベンチャーに期待を膨らませるのでした。

to be continued..

本日も良き日をお過ごしくださいね。
Have a good day!

Pocket